[ 2004 | 2005 | 2006 | 2007 | 2008 | 2009 | 2010 | 2011 | 2012 | 2013 | 2014 | 2015 | 2016 | 2017 ]
[ <<< 1 / 1 >>> ]

2009/04/22 05:15 Postfix の alias でコマンドを実行すると、コマンドでエラーが発生した場合に、
デーモンからのリターンメールが送信者に届き、エラーの内容が送信者に見えてしまう。

<hoge@example.com>: Command died with status 255: " php /hoge/hoge.php"

みたいな感じで。スクリプトのパスなんかがバレちゃう。ちょっと嫌だ。

それを回避する方法。

# /etc/postfix/alias
hoge: "| php /hoge/hoge.php >> /hoge/hoge.log 2>&1 | exit 74"

これで、コマンドがエラーを返した場合も、リターンメールの内容は

<hoge@example.com>: input/output error

になる。スクリプトのパスはバレない。ちょっとハッピー。

Postfix manual - aliases(5)
リダイレクトとパイプ
Linux Postfix
2006/03/25 01:50 Postfix チュートリアル - バーチャルドメイン Postfix
2006/02/25 00:21 ITmedia エンタープライズ : Linux Tips「Postfixで頭にハイフン「-」の付くアドレスへ送れない」 Linux Postfix